クリスマス・イブ | ★デイリー・ロク★
|admin|RSS1.0| Atom0.3| はてなアンテナに追加| My Yahoo!に追加| Googleに追加|
「ゴキゲンに生きる」3000の知恵
おちゃらけ家族10年間の記録まだまだ更新中

クリスマス・イブ

息子らはもう20歳と18歳。

親の欲目を抜きにしてもイケメンだが
なぜかカノジョがいない。

今夜はクリスマスイブだというのに
空手の師範に誘われて
男臭い連中とカラオケに行った。


妻からも「残業で遅くなる」と
メールが入った。

クルマが故障して
買い物に行くのが面倒だったので
冷蔵庫の中にあるものだけで
夕食を済まそうと思った。

マグロのフレーク缶詰と
インスタントの味噌汁と
もらい物のハムがあった。


息子たちが小学生だった頃は、
クリスマスイブには
小さなケーキとフライドチキンを
妻が必ず用意したものだ。

ツリーを飾らなくなったのは
いつ頃からだろう。


ご飯を食べ終わって、
流し台の洗い桶の中に食器を漬け、
風呂の湯のスイッチをつける。

外のガス湯沸かし器の
ゴーッという音がする。

天気予報で
今夜はものすごく寒くなって
北部では雪がちらつくと言っていた。


風呂に湯が溜まる前に
「うーさぶいさぶい」
と妻が帰ってきた。

上着を脱ぎながら
「どうしたのストーブつければいいのに」
と言うので、

「いや、一人だともったいなくてな…」
と答えたら

「ばかね」
と笑った。

妻が持って帰った白いビニール袋が
居間の入り口に置いてある。

気になったので
「それは何?」
と尋ねた。

「あ、これ? ポインセチア」

 

「どうしたんだ」


「だって今日クリスマスイブじゃない」




にほんブログ村 小説ブログ 掌編小説へ
| 掌編小説 | | comments(2) |

コメント

もー、泣かせるのは
ずるい、と思います。
 
ずるい。
| natsu | 2010/12/25 10:53 AM |
おぉ、泣いていただけましたか(^o^)
| 六郎 | 2010/12/25 4:24 PM |

コメントする










コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。




最近の記事
リンク
ブクログ
栗村博士の発明品
栗村博士の発明品  

 

Twitter
PR
アーカイブ
その他