★デイリー・ロク★
|admin|RSS1.0| Atom0.3| はてなアンテナに追加| My Yahoo!に追加| Googleに追加|
「ゴキゲンに生きる」3000の知恵
おちゃらけ家族10年間の記録まだまだ更新中

『サイダーハウス・ルール』

 
1999年度、米アカデミー賞(R) 2部門受賞。

孤児院でラーチ院長の後継者として育てられてきたホーマー・ウェルズだったが、外に出てまた別の世界を経験する必要性も感じていた。彼は機会を得て孤児院を出てりんご園で働くようになる。そこで恋をし、人生や愛、家庭について人として避けては通れない教訓を学ぶ…というのがあらすじ。

この作品は、一人の青年の成長物語ではあるけれど、中絶や虐待など、子どもを巡る社会的問題を、わりと正面から採り上げている。
特に印象に残ったのは、自分で中絶をしようとして担ぎ込まれた少女が処置の甲斐なく死んでしまい、その亡骸を埋める場面でのラーチ院長とホーマーのやりとりである。
パスター「なぜ死んだの?」
ラーチ院長「誰にも言えなかったからさ。無知ゆえに死んだんだ。
赤ん坊への責任を無条件に期待したってそりゃ無理だ。その前にまず、産むか産まないかを選ぶ権利を母親に与えなければ。
違うか?」
ホーマー「それなら、子どもを作らなきゃいい。自分の行動に、それくらいの責任は負うべきです」
ラーチ院長「この12歳の少女にそれが期待できたと思うか!?」
ホーマー「その子のことじゃなくて、大人たちについて言ってるんです」
ラーチ院長「お前が世の大人たちに、未だにそこまで期待を抱いているとはな」
ホーマー「笑いたければどうぞ」
ラーチ院長は、不幸な子どもが増えるより、望まれない子どもは生まれない方がいいという考え方、ホーマーは中絶に反対の立場である。

とはいえ、メインとなるテーマは、若者が自分の「居場所」を求めて旅に出る物語だ。ホーマーやキャンディがそれぞれの運命に抗いながらも、やがて決意とともにそれを受け入れていくストーリーでもある。たぶん彼らは年をとってから、甘美な思いとともにその青春を懐かしむのだろう。

『フォレスト・ガンプ』や『ニュー・シネマ・パラダイス』に浸れる人なら、必ずや感動すると思う。
「居場所」とはまた「帰る場所」でもあるのだ。
| 本や映画のレビュー | | comments(0) |
最近の記事
リンク
ブクログ
栗村博士の発明品
栗村博士の発明品  

 

Twitter
PR
アーカイブ
その他